EGP Supports #BiggerDreams with December CSR Activity

2018年12月14日、イーガ―ディアンフィリピン(EGP)は企業の社会的活動として、恵まれない子どもたちにギフトを送る活動に参加しました。

この「靴箱の中の夢」キャンペーンはフィリピンのITビジネス協会(IBPAP)が先導し 、IBPAPとパートナーシップを結んでいる統合マーケティングコミュニケーション会社 TeamAsiaによって開催されました。このキャンペーンのミッションは恵まれない子ど もたちに対して学校教育で使われる基本的な文房具を配布し、彼らの夢をサポートする ことです。

EGP以外にも様々なビジネスアウトソーシング企業が参加し、当日はEGPの有志と他の企業のボランティアの方々と一緒にラスピニャス市の教会で2000人を超える貧しいコミュニティー出身の子どもたちにギフトの贈呈を行いました。

EGPからはおよそ300箱を子どもたちに寄付しました。EGPのスタッフは自分たちで持ち寄った鉛筆やノート、クレヨンなどを子どもたちへの願いとともに靴箱に詰めて準備を行いました。

このように、EGPは子どもたちに真に必要なものを与え、彼らをエンパワーメントしていくことで子どもの十分な教育へのアクセスを実現させ、子どもたちが「夢」を実現できる社会創りに貢献できると考えています。

Image Gallery

Copyright © 2018 | E-Guardian Philippines